薬を使用してシミを内側から改善しよう|外側のケアも必須

女の人

健康を維持しよう

錠剤

オルニチンはアミノ酸の1種ですが、肝臓を保護する役割を持っています。どのようにして肝臓を保護するのかというと、オルニチンは摂取されると肝臓の場所に行きアンモニアを解毒してくれます。アンモニアは疲労の原因のひとつでもありますので、解毒それ自体が健康面で大きな効果です。そして、アンモニアが代謝されると肝臓機能が低下することがありません。肝臓は栄養素を分解、合成、蓄積などの役割があり、非常に重要な内臓です。そのため、肝臓をきちんと機能するようにすることは健康を維持することにつながるのです。オルニチンの大きな特徴である移動の自由度があってこそ可能になることです。このように、体内を動き回ることができるアミノ酸のことを専門用語で遊離アミノ酸と言います。

オルニチンは肝臓の保護だけでなくアルコール飲料後の疲労改善効果もあります。アルコールを飲んだ次の日に二日酔いをする人がいますが、オルニチンを普段から摂取しておけば、予防対策になりますのでおすすめです。他には、オルニチンは内臓のいろいろな各部に移動しますので、筋肉や腎臓にも重要な働きをしてくれます。オルニチンはシジミに最も多く含まれています。ヒラメやマグロなどの魚介類に多く含まれていますが、シジミが圧倒的に含有量が多いです。毎朝の食事にシジミの味噌汁を用意すると毎日食べる習慣ができて効果的であり、効率的です。そうしたことが難しい人にはサプリメントでの摂取が望ましいです。健康体を維持する上で欠かせない成分です。