薬を使用してシミを内側から改善しよう|外側のケアも必須

婦人

溜めない習慣のために

サプリ

人気の乳酸菌サプリメントには、ビフィズス菌を生きたまま届ける工夫がされているものがあります。また、徹底した管理を行った品質の高いものが人気です。乳酸菌は多く摂ると、腸内環境を良くし過ぎてしまいます。活発に動く腸は、腹痛などの症状が起こりやすいので、適量を守るようにしてください。

Read More

元気な体にする

栄養補助食品

EPAは、血液をサラサラにしたり中性脂肪を減少させる効果があり、サプリメントを利用することで簡単に摂取することができます。また、EPAのサプリメントを摂取する際には様々な注意点があるので、確認することが大切です。

Read More

健康を維持しよう

錠剤

オルニチンは疲労物質であるアンモニアを解毒することによって肝臓機能を保護してくれます。また、アルコール性疲労を改善してくれる効果もあります。含まれている食品は魚介類に多く、シジミが最も多く含有されています。

Read More

内と外から補給する

婦人

紫外線は美肌の大敵ですが、浴びたら必ずシミができるわけではなく、黒化スパイラルによってシミができます。過剰なメラニン生成や、基底膜が紫外線ダメージを受けることによってできるケースが挙げられています。美白有効成分配合の医薬部外品として、ビタミンC系の成分やアルブチンなどを味方につけ、秋口から効果的にケアすることが提案されています。また薬用成分とあわせて、白肌のために摂りたい栄養素もビタミンCです。単体であれば1日2000mg必要ですが、日常生活で消費される分を一度に補っておくことで紫外線ダメージを抑制できます。最近ではドリンクやサプリ、グミなどの間食として摂り入れやすい形で提案されていて、健康美を意識する女性たちから人気を得ています。

できる範囲や大きさにも違いが見られるのがシミで、特に頬骨の周りや額などに左右対称に現れる褐色のシミが肝斑です。広範囲にぼんやり広がる特徴があり、40代女性に多く見受けられます。紫外線を多量に浴びることで濃くなる傾向にあり、防ぐことが大切です。またトラネキサム酸とよばれる飲み薬の服用が効果的で、薬の服用の他、ピーリングやハイドロキノンなどのクリームなども効果的です。さらに生理前や妊娠後にシミが出る人が多く、ホルモンバランスの異常とも言われている特徴が挙げられています。悪化させないためにも適切なケアは必要で、抗酸化作用のあるポリフェノールやビタミンAやCを含む食品をバランス良く摂取することも大切です。